上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.09 祇園祭
さてさて、前々回の書き込みが去年の祇園祭とは、いやはやです。

カブ同様、祇園祭も好きなのですが。
ほぼ祇園祭の地区といっていい地元で生まれ育ってますので、当然といえば当然かもしれませんが。
家の前から見える山鉾もありますので。
気候もそのころには、それらしい気候になってきますね。
京都らしい蒸し暑い気候で、他府県からの人は本当に大変だと思います。

今年は、大船鉾が応仁の乱、天明の大火、蛤御門の変と三度の焼失を乗り越えて約150年ぶりに復活します。
それにあわせて、近年統合されていた前祭と後祭が別々になり本来の姿を取り戻します。

観光、経済的にどうとか、信仰と社会状況の両立など色々と難しい面もあり、地元では様子見の感があることも否めません。どうしても、すこし派手さに欠けてくるものとも思います。

派手でなく本来の祇園囃子を聴きながらそぞろ歩くという感じは後祭のほうが感じられるとも思い、大船鉾はどうしても今年見ておきたいので、前祭だけでなく、後祭もそれなりに行くことにはなるかと思ってます。
大船鉾の骨組みはここ数年は京都駅前のヨドバシに展示されていたので見てはいるのですが、
やはり御本尊を安置し、絢装品をつけた完成形を見ておきたいものです。

鉾たてが10日から始まると記憶してますが、台風の影響でどうなるのでしょうか。

今年は、曜日周りが今一ですのでもともと観光としては人では減るとは思いますが、
鉾の位置など、例年と違うところもありますので見に行かれる方はお気をつけください。
20日21日は後祭の山鉾は建ってますので意外といいかもしれません。

祭本来の姿、となると、そこまでいくなら粽は投げてほしいですね。
観覧席の問題で難しいとは思いますが。
それに、乗っている人の経済的負担も考えると無理なのはわかるのですが。
本来、買わずに投げられたものをとってこそ、また、ご関係の方から戴いてこそご利益があるように思いますが。


予断ですが、うちでは鉾が動かない(巡行が終わらない)とメインのエアコン(寝室用のウインドエアコンは別として)を入れない、としてますので今は一年で一番過し辛い時期です。
スポンサーサイト
2013.11.11 予想通り
また書き出そうとかいいつつ、予想通りなかなか書けてません。
まずもって、カブにはほぼ毎日乗ってはいるのですが、いじることをしてません。

いけませんね〰色々と。

カブをいじったり、走り回ったりというのもやはり体力が必要です。
今年は珍しく夏バテというか秋バテというか、かつて無いほどにへばってる感じです。
やっと、10月末くらいから回復してきてる感じですかね。

飲んだり騒いだりできないと、やはり景気的にも体力的にも元気ダメみたいですね。

じわじわと頑張りますか。
2013.07.22 放置
永く放置しておりましたが、普通に生活しております。
放置の間もご連絡いただいている方、ありがとうございます。

選挙も終わり、予想どおりの結果になったようですが、政党の勢力図がどうあれ、政治家みんなが日本国民のことを考えてに日本が少しでも前向き上向きになってくれればありがたいですね。

一年半ほどほってましたが、また気が向いたらたまには書き込もうかなとおもってます。


まだまだ、京都は祇園祭の真っ只中です。

2011.12.26 もうちょい
もうちょいで今年も終わりかなと。
カフェカブ京都が11月だったりして、一年の終わりが何か違う感じもしたりして、
一年を振返ってとかは、軽く振返りはしても深くは振り帰らないんですが。
一年をあれこれ振る帰りたくないんです

ともあれ、1週間もすると正月なんですが、どうなんかな~。
去年抜けたので今年はなんとか行ってきました。
この時期なかなか出にくいのですが、気分としても夏がいいのです。
真冬生まれやのに、夏がええてどういうことや。とよく言われます。
べつに寒さに弱いわけではないのですが、年末いろいろとやること多くて。(^_^.)

とにかく、梅小路は近くですので、ゆっくりと10時前にでました。
今年は、スタッフ一新でいいのかどうか、入場はスムーズ(スムーズすぎるやん)
確かに手際など手っ取り早くこなされて、余計なことはうろうろしないと言う感じに思いました。

自分としては、物足りなかったですが。

参加しておられる方のテンションにそれほど変わりはないのかもしれませんが、当日でなくて前後のテンションが低いと感じます。
今までのスタッフの方との思い入れの違いと言うのか、「さあ!やるで!」みたいなテンションを今年は感じませんでした。
震災など日本全体が特に大変な年ですので、そういうことも影響しているとは思います。
開催自体半年伸びましたしね。

できれば、次回はやはり来年の夏にやってほしいと思いました。


とはいえ、行ってきました。

SH010246.jpg

202番
カブをとめて、会場を見渡して次のカブみて「あれ!オックンとなりや。」今年はオックンの隣に並んでしまいました。ベストタンデム賞のオックン。

最近ブログに時々 彼女が・・・ とかで出てくるのでと思っていたら、彼女さんとタンデムでした。
「結婚することになりました」とな。
そうか、やっぱりそれで引越しか。納得しました。

反対隣がいい感じの子供づれの革カバーの木箱を積んで居られるカブでした。
そんなこんなで、今年は路上であった方、うちの店へ来られた方、ブログを覗かせてもらっていた遠来賞のstonehairさんなど、声かけようと思っていた方にはかけられました。
いつもながら唐突に「なんやこいつ。へんなやつやな」と思われそうな声かけでしたが。

根が、真面目で、シャイなもので(ということにしといて)上手くお話できませんが、みなんさん申し訳ございませんでした。m(__)m


勝手に作った非公式スタンプを茶箱の上においときましたが、もって行った紙の残りなんかからすると、100人には捺してもらったようです。
なにか記念のひとつになればとおもいます。

一度、私もタンデムで行きたいところですね。
毎年言っているかもしれませんが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。