上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.30 マフラーの穴
マフラーというかエキパイというか、要するのガードのあたる部分の穴あきはCT110に乗る者の宿命なのでしょうか。
何の手当てもしないまま納車状態で乗っていると、錆びてきて穴が開きます。
アルミテープを巻いたり色々と手当てしたり、お金をかける方はモノチリンドローさんのステンマフラーに変えたりとどちらにしても頭を使うところです。
私のも、以前の持ち主が、一度業を煮やしてノーマルの新品に交換していたのですが、また見る見る
腐食が進んでホルツのマフラーパテで補修していたのですが一年と持たずに「ひび割れ」「はがれ」で再補修としないとということで、再補修しました。

firegum.jpg

以前使っていたのはグレー系の色のものでしたが、今回はこれを使いました。
色は白です。
耐熱温度が1000℃ということで選んだのですが、柔らかくてパテというよりはクリームに近いような感じです。
もともとの使用法は、パテ盛するのではなくて継ぎ目などの漏れ防止ようのようです。

以前の補修部分を削ってみると、エキパイ部分が1/3ほど巾も2mm位の亀裂に成長していましたので、金網の端切れを当ててから盛り付けてみました。
補修後の乾燥は、アイドリング30分とか書いてありましたが、こういう使い方をするとアイドリングの圧力で飛び散って意味無い状態になってしまいしました。
翌日まで自然乾燥してから、アイドリングしてみることにしました。
すると、膨らむんですねこれが。
風船とまでは行きませんが、全体に膨らんでくるんです。
多分、継ぎ目の補修用ですので、膨らむことによって隙間を埋めるようになっているんでしょうが、これではエキパイが5割増しの太さになりそうな勢いです。
思わず、アイドリングで乾かしながら軍手をはめて手で握って膨らまないように押さえる。
これで20分ほど、ほぼ固まってきたようで膨らみもましになってきました。

エキパイ割れ修理


冷やしたところで、多少サンドペーパーで整形してゴムを巻いてガードの爪による削れを押さえています。

コノ部分の傷みの原因は、保護に当ててあるマットへの水のしみこみによる錆び、保護マット自体のヘタリによる、ガードの爪(?)のあたりによる削れ、等の複合的なものではないかと思うのですが。
それにしても、あまりに痛む箇所の割りに確実な補修方法(パーツなど)がなく、マフラー交換しか基本的には対策が無いのに、マフラーは結構高価です。
頻繁に点検して保護マットの交換などで対策するしかないのでしょうかね。

まあ、そのうちに耐熱塗料で塗装します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/13-a34b4799
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。