上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開けてびっくり、C100のライトカバーが割れてる!!
以前、ガレージの車の脇に保管していたときに母が入庫の際 グィと押し当ててフロントフェンダーに大きな亀裂が入ってしまったのは解っていたが、ここが割れているとは思っていなかった。
確かにじっくり見ると外からでも亀裂が左右に確認できる。
lightcover1.jpg

左右ともにこの状態で、しかも左側の本体にネジ゛止めするステー(?)の部分は取れてしまっている。

さらに、ライト自体を取り付ける部分にも亀裂が・・・。

これはどうしたものかと・・・・・・(ーー;)
ポリ系のものは接着剤では基本的に付かないと思っておかないといけないので、ネットでパーツを探すとなると、あるにはあるがお小遣いに限りがある身にとっては高価すぎる。
どうにかならないかと考えた末に。

こうなりました。

lightcover2.jpg

ライトをとめるネジの部分ですが、筋が見えますか?
割れていて、2ミリくらい広がったままになっていたところです。
それから思えば上出来。

どうしてつけたかというと。グルーガンです。ホツトボンドともいいますね。
ホームセンターに良くある¥500位の、暖めて解ける、冷えると固まるやつです。
成分としては酢酸ビニール系とあいてありますが、とりあえず今のところ一番いい感じに修復できています。

普通、ハンダゴテで本体を溶かしたりしてつけますが、上手くいけばいいのですがケツコウ綺麗にするには難しいので困るところです。
グルーガンを使った方法がいいのかどうか解りませんし、強度的に大丈夫かは不明ですが、今のところ私にとっては最善の方法のようです。

いい方法があったらどなたかご教授下さい。
ただし、高価で無い方法で。


lightcover0.jpg

一つ画像を入れ忘れてました。
こんな状態ですが、内側のステーが片方完全に割れてます。
割れ、ひびさえなければ表面の状態は結構よかったんですが・・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/15-7151f00b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。