上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.15 つー君
かれこれ40年来の、知り合いで色々と壊してくれる人がいる。
自分のものを壊すんですが、とりわけバイクの簡単な不具合というのが、毎月なにかしらある。

最近では慣れてきてというか、次は何処が何時つぶれるのか楽しみになってきた。

この「つー君」の困ったところは、何かしら持ち物が壊れるととりあえず私のところに持ってくるところ。
「なあ、バイクのライト点かへんにゃけど」
「今、何処そこにいるんやけど、ガソリンスタンドこの辺に無いか」
「パンクした」
「パソコンがおかしい」
「ファミコン(ムカファミ)の、コントローラーがちやんと動かへん」
「カセットコンロに火がつかへん」
「アイロンが熱ならへん」
「テレビが砂嵐や」
「最近、鼠が多いのやけどどうしたらええ」
「仕事の機械のベアリング交換して」

こんな調子で千差万別なものを色々と持ち込んでくれる。
話せばネタの宝庫のような、とんでもないというか、とぼけたというか、ふざけたアホみたいな話が色々ある人。

その「つー君」が、今年になってからスズキの「チョイノリ」を中古で買ったのはいいのだが、4万程で買ったと記憶しているけども、それが7月頃で、今までに毎月修理代に一万以上はかけているという、「なにしてんの」といいたい状態になっている。
それだけかければ、もうチョイ新車買えるのでは無いのかと思う。

始めは一月目位にマフラーが詰まっているみたいで、10km/h位しかスピードが出なくなり。直してもらって一週間。
次に、キックが「スコッ」となってエンジンがかからなくなり、
それが直ってきて1週間目に、なぜかアイドリングが安定しなくなり、またスピードが出ない。
「見て」というので見てみると、笑ってしまうのがキャブのマニホールドの取り付けがゆるゆる、
「バイク屋に見てもろたんちやうの」
「見てもろたけど、そんなん知らんやん」

どんなバイク屋やね。

木曜日には、テールとストップランプが点かなくなりバイク屋で見てもらって、半日でランプの修理とオイル交換で\5000也。
「それだけ、くれたら直したるで」
「よっぽど、金あまってんなャな。よう毎月毎月ドブに金捨ててるな。捨てるくらいやったら、もらったげるで」

いつも、こんな感じでそれでも懲りずにまた二週間もしないうちに何がしか持ち込んでくる。

次は、何時何か、今から楽しみになってきた。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/22-04c81678
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。