上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.30
12月30日
例年の恒例で、我家では餅つきです。
とはいっても、餅つき機ですが。臼杵もあるのですが準備が大変なのと時間もかかるので暮の慌しい時期、文明の利器(死語だな、多分)に頼ります。

先ず、鏡餅。京都のこのあたりでは「お鏡さん」といいます。
下の部分で一臼、上+子餅で一臼。
三臼目で神様用と小餅。
四臼目で子餅、いくつかにアンコを入れてアンコ餅も作ります。
アンコも買ってきたものをつかいますが、それなりに形になりました。

081230_1418~01
三臼目のお餅が元気に廻っています。
次女はこれをみて携帯で動画を撮っていました。


毎年、子供に「まるめるゾ~」と声をかけるのですが、下の子が来るのが二臼目、上の子の出動は三臼目になります。
ところが、二臼目と四臼目が一人では大変です。
お鏡用の大きなものと、小さい小餅を同時に一人で形にするのは大変です、大きい方を一所懸命形にしていると、残りが冷えて表面が固まってきます。
ここはやはり手数が必要となってきます。

丸めているとときは、手が粉だらけでさすがに画像は撮れませんでした。
081230_1419~02
081230_1419~01
上、サイズにばらつきがあるのは、神様用にわざとですよ。決しておなじにならないのではないです。
下には歪なのがありますが、これは(ー_ー)!!
下の画像、右側なんとなく黒っぽいのがアンコ入りです。
アンコ入りはおやつに、正月くるまでにほとんどなくなります。

そうこうしているうちに、年賀状がまだです。
30日中にプリントして31日紅白見ながら宛名書きます。例年進歩無いです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/26-e4154394
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。