上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.15 エンジン始動
久しぶりにカブの話です。
本当にひさしぶりにでてきたC100です、本来この話を書いていきたいのですが・・・。

昨日今日と少し暖かかったので、ムズムズとしてきました。
C100のエンジン腰上部分のバラシと清掃、組み立てを一気にやりました。
画像が欲しいところですが、手がオイルだらけになるのでなかなか撮ってられません。
単独でボツボツと清掃して組んでおいたキャブやマフラー等を組みつけていきます。
全体の清掃は、以前にそこそこやっておいたので、今日は基本的に磨きはしません、
後日、アチコチまたジックリと磨いていきたいですね。

SH010049.jpg
で、こんな感じです。
シートが未だにボロのままです。これは手に入れないとダメですね。

このあと、いよいよ20数年ぶりに息を吹き返す瞬間ですが、実際に鼓動が戻るまではどんなものか不安です。
ガレージから外にだして、キック、キック、アンド、キック。
ポッ、ポッ、ポッ、ポッ、ポ--------。ボロロロロロ、---
掛かりました、キック4~5回で火が入り久しぶりに聞く音です。
いい音ですね。サウンドというより音。

キャブの調整をして安定してきました。
しばし、道に立ちすくみ音に聞き入ってしまいました。
SH010051.jpg
SH010050.jpg
格納場所の関係で、ミラーの向きが微妙です。
ボロシートでもこのまま走ってみたくなります。
いやいや、まだ自賠責に入ってません。

おそらく、コックのあたりからは、ガソリンが滲んでいるはずです。
パッキンに不安があるままです。
タペットクリアランスももう一度要調整だと思います。
バッテリーが死んでます。
アチコチ難点は残りますが、とりあえずは「よし」です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/29-4a13c65a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。