上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CT110をアーシングしてみる。
ときどきアーシングなる方法をアチコチのサイトやブログで見かけますが、
「そんなんで効果あるのか?」しかも、市販のキットは、そこそこ高価。
いろんな考え方があるんだろうけれど、基本的には所謂アース、
つまりは、車体を配線の一部として使っているグランド(アース)の部分を
モット、流れをよくしてやろうという感じか。
古くなって、錆やその他諸々で流れが悪かったり、もともと今一非効率であったりするのをバッテリーのマイナスをアースしてあるのを、直接繋いでやろうという単純な発想のよう。

あちこち見ていると、古いバイクには結構有功かも知れない。
と書いてある。

私のCTは国内仕様でポイント式、ということは簡単に効果があるかもしれない、
ないかも知れない。

まあ、お金をかけずにやってみるかということで。
日曜日に、試しに一本。
考え方としては、走るには電気系では良好な火花。
ということで、プラグに近い場所に繋いで見ました。

SH010063_convert_20090323230208.jpg

反対側は、バッテリーのマイナスと一緒にボルト止め。

SH010062_convert_20090323230105.jpg

黒と一緒にバッテリーホルダーをとめてあるところにつながっている緑の線です。

バッテリーから、ブラグのコードと同じ穴を通ってヘッドへ。
今回はこれだけ。
まあ、なんと単純な作業で済ましておくのかと思いますね、自分ながら。

使った材料は、転がっていた家電用のアース線の一部、工具箱から見つけた端子。
これだけです。

最低の最低のアーシングです。真面目に取り組んで居られる方には怒られそうな仕事ですね。
「なんちゅーことしてんね」といわれれば「チョットやってみたんや」というしかないですね。

で、本日仕事で走ってみましたが、・・・・・・・
なんか効果ありますよ。これだけで。
絶大な、驚くような感じではありませんが、エンジンの掛かりがチョットいい。加速が心なしか滑らか、トルクが少し出たよう。
もう少し走ってみて、出来れば上りを走るともう少し解るかも知れませんが、やって良かったと思える結果でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/33-cf315bd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。