上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回とりあえずウインカーリレーを作製したので、次は12V化してみようかな~と。
私のCT110は国内仕様ですので、6Vではあってもレギュレートレクチではなく、所謂セレンとバッテリーで6Vにして安定させているので、海外仕様のものとは少し違うようですが、変更にそれほどの手順の違いは無いようですので、レギュレートレクチさえ何とかなればイケるようです。

先ずは、12Vのレギュレートレクチの入手からです。
やはり低価格を狙ってオークションを探しました。
ホンダ小排気量車のものが手に入ると一番解りやすいのですが、
程度、価格、入札数などいい感じのものがなかったので、リレー、ホーン、ヒューズなど主要なものが付いたメインハーネスごと落札しました。
SH010085_convert_20090530132924.jpg
スズキのヴェルデのものです。
配線がウマくいくかどうか不安はあるところですが・・・・。

この中で私が使うのはレギュレートレクチ(これはいります)カプラごと使用します。
ヒューズは平形の10Aでしたのでこれに変更します。
あとは、配線を少々ぶった切って使います。

ホーンは変えてもいいのですが、もともと付いていたものが使えます。
要らないものの方が多いですね。
CDI関係のものとかいろいろ残りますので、もし必要な方ありましたらお分けしますので御連絡下さい。
SH010086_convert_20090530132951.jpg


肝心のレクチの配線ですが、
これを
SH010087_convert_20090530133015.jpg

こう見て
SH010088_convert_20090530133039.jpg

レギュレートレクチホンダ 
ホンダ系の小排気量車に多いものはこれらしいです



レギュレートレクチスズキ
ススギ・ヤマハ系の小排気量車に多いものはこれらしいです



レギュレートレクチスズキヴェルデ
今回私が入手したものが、スズキ・ヴェルデ用でこの色に成ってました。


ホンダと、スズキヤマハ系のものは、よくみると色が180度回転してます。
とはいっても、色で合わすととんでもないことになりかねませんので、いろいろググッてみますと、まあ180度回転しているという感じでいいみたいです。(違っていたら教えてください)

ヴェルデ用も黒白を緑と見れば後は同じです。
おそらくこの線はアースだと思いますので、そういことにしてやってみます。(ええんかいな)

そういうことにしてやって見るにあたっての配線ですが。
CT110 国内仕様の場合 (ホンダ車用のレクチとした場合)
シリコン整流器の赤緑→左上の赤
シリコン整流器の白緑→左上の白
レギュレートレクチの緑→フレームアース
レギュレートレクチの黄→ジェネレータからの黄線に分岐して接続

ということらしいので、これを180度回転させて考えてつなげて見ます。
で、あとはヒューズを10Aに変更。

できた。
て、できてへんて。

そう、賢明な方はお気付きですね。
バッテリーが6Vのままです。
しかも、ウインカー、ストップライト、ヘッドライト等の球も6Vのままです。

多くの方はここで同時に12Vバッテリーに交換して、12V球にされてます。
が、私の場合はそうはしません、もちろん6Vのままではダメです。

一気にバッテリーレス、LED化とつき進んでいってしまいます。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/38-ee57bc0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。