上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.12 12V化 その2
CT110 ハンターカブの12V化その2

はじめに謝っときますm(__)m
今回画像が全く無いので、すごくわかりづらいかも知れません。
ど~もPCに保存しておいた画像をごみ箱へ移動・・・・・・。

まあ画像はもし撮れたら後日追加でアップします。

気を取り直して、これからの大まかな流れは、
まず6Vバッテリーを外す。バッテリーに代わりコンデンサーを取り付ける。
ライト球を12Vのものに交換、それ以外の球をLEDに交換。
これだけです。
簡単でしょ。

で、6Vのバッテリーをホルダーごと取り外します。
そのとき、セレン、そうですバッテリーホルダーの奥、というか裏というかについている黒い小さな四角い物体です、それとその隣のもともと付いていた6Vウインカーリレーも外します。

次にまず、電子パーツ屋さんでコンデンサーを買ってきます。
25V 10000µFの電解コンデンサー
マルツパーツ館で取り寄せてもらい¥640でした。
これの端子に、まあ色は何でいいのですが、赤と黒のリード線を+-各々にハンダ付けして、熱収縮チューブで絶縁して、反対側に端子を付けて、バッテリーを外した後につけられるようにします。
おっと、忘れてならないのが、ヒューズです。
私の場合は、プラスの方に平型ヒューズを同じく端子を付けてかましました。

これで、前回のレギュレートレクチとあわせてエンジンはかかる。      はず。

あとは、以前に作製しておいたICウインカーリレーを外したリレーのかわりに取り付けます。

まあ、なんと文字ばかりの説明で解りにくいのか。もし、私ごときで参考になるようでしたらお聞き下さい。自分で変更したことに関してはお話できるかもです。
もちろん、お決まりのことですが。改造、変更はご自分の責任において行ってください。
私の例をご説明は出来ても、素人の日曜大工ですので。
所謂、自己責任というやつでお願いします。

LED化に関しては、以前に、C100のバッテリーを購入したライズコーポレーションにて、合いそうなものを購入しました。

始めは、テールやウインカーも作成しようと思っていたのですが、ライズさんのは作るより安くて速いです。
メール便でも送ってくれますしね。
そうそう、メーター内のものだけは電子パーツの工作で作りました。
とくにライトのアップのインジケーターは市販では見当たらないと思いますので、これは作ったほうが安いし速いです。

メーター内LEDの制作は次回に。
それとこのままでは、ウインカーの点滅に難点がありますので、その解消も次回に。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/40-b1ad9222
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。