上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.30 シート
今日も画像ありません。m(__)m
どう~も最近カメラ出動がめんどくさい。歳ですか。いやいやまだまだ。
これでも高校時代は写真部所属です。
すごい、鈍ってますが。って腕錆びてるやろ。

C100のシートですが、カフェカブのときも、アウスタのオーダーレスシートをつけてました。
が、堅い、分厚いでいまいちどころか、今3ですので、もともとのベースにウレタンと皮を移植することにしました。
皮自体が少し堅いように感じたので手をつけずにいたのですが、どうにも我慢できなくなりました。
オリジナルのシートは残してあるのですが、皮が使用に耐えない。ウレタンがお決まりで痛んで堅いところが何箇所か。
今回は、皮とウレタンはアウスタ物を使います。先ずは、当然ですが、裏返してツメをおこしてバラス。
オリジナル物は、既にばらしてあるので、オリジナルベースの上にアウスタウレタンを乗せて皮をかぶせるという段取りです。
問題は、ウレタンをどう薄くするかです。
今回、裏側(つまりは、ベース側)を、ワイヤーブラシでゴシゴシといいくらいの厚さまで削ります。
このとき、オリジナルを見ながら、形状を近くしていきます。
事前に厚さを測ったところ、約25ミリ位でしょうか、削っていきます。
どちらかといえば、前より後ろを多く削ります。
裏の次は、表側ですが、これが難点で形が角いのです。角が立っているというかね。
丸みを持たせたいのですが、アウスタものは、ウレタンがマットウなものでなく、クズを固めたのか。と思うようなものを、上側だけシートのスポンジで覆ってます。
上を削ると、シート状のスポンジを削り取ってしまいます。
ですので、適当にとどめておきます。

その上に、ビニールシートと皮をかぶせて爪で止めていきます。
仕上がりはマズマズでしょうか。薄くなってましになりました。
尻にHONDAロゴが欲しいところです。

そのうち、オリジナルのウレタンを修復して入れようと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/46-0e1fc46b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。