上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は急遽というか、突然、ハンターのフロントオイル交換をする羽目になってしまいました。
もう忘却の彼方に忘れ去られていたフロントフォークのオイル。
レフトのサスは一度丸々交換して、ライトは前々持ち主の時よりオイル交換していないというとんでもない状態のまま、オイルシールからの漏れをイスカンダルかM78星雲かというくらいの彼方に置き去りにしたままで、すごしてきたのですが。
関宿から帰ってからどうも漏れがない状態。
「漏れへんのはええけど、オイルないのとちゃうか。」

上から覗いてみると、油面が押しても引いても見えない。

「・・・・・・・・・!」

さすがに分解清掃、交換、ついでにオイルシールも交換、ゴムブーツも交換。
手元にない、フォークオイルを調達に西大路のツボイへ。

短パンにパイナップルと椰子の木のアロハでC100、それで四条烏丸あたりを通過すると、心なしか人の目を引く。

KYBのG10Sを調達 \1484 

量が今一わかりませんが、ネット情報によると120~130というアバウトなところ。
「漏れへんほど無くなってたんやから、少々違ごても、許容範囲や」
分解、清掃、部品交換、してからロートでオイルを入れる。

やわい感じがするけど、走ってみなわからん。
振動はいい感じに吸収してくれるんでしょう。

規定のオイル量をご存知の方、教えてください。m(__)m

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://supercubc100.blog95.fc2.com/tb.php/52-081e2b06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。