上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンダの高田 康弘氏、講演会というかお話ありがとうございました。
㈱ホンダ技術研究所二輪開発センターの主任研究員。スーパーカブ開発担当者の一人だそうです。

色々とお話をしていただきました。
去年出た、インジェクションカブの説明、確かに新しい技術ですごいと思う。
私は、今のところ乗る気はないけど。(キャブ式が好き)
新しいから、色々といいところアピールして宣伝もしないと、カブの売れ行きはホンダの存続に関わるからな。

気になったところは、どうも値段のことが再三お話に出てくる。
インジェクションカブが3万だったか4万だったか高くなったらしい、そのことを言っておられたが、もちろんカブの基本の大衆に乗ってもらえるようにということであれば高すぎると思う。今がすでに少し高いと思うのに、これ以上高価な物にするな。
誰かが質問された、パーツの供給について。ヤット出たか、出とる思ってた。誰かに質問して欲しかった。自分でしたらええのに、他人任せな自分。
本田宗一郎さんは永久供給といっていた。
それについても言い訳(私にはそう聞こえる)をしておられた。
実際に出てこないというか、製造中止といわれるパーツが多々ある。
わたしのCT110のリアスプロケット先月実際に製造中止と言われた。
ノーマル38Tがない。45Tなら何とかあった。だけど38と45では違いすぎるやろ。
仕方ないので前を17Tにしたけど。本当は16Tが、いいみたい。17ではそのままではあたる。
それも、38Tがないから45Tなら代替である。じゃなくて、自分で調べ倒して発注した。
歯数は違っても適合するものがそれしか無いなら、代替として出てこないといけないと思う。

高田康弘氏は、無いパーツは発注する方が多くなれば作るといっておられた。
それは解る。ある程度の期間でまとめて作って販売していく、在庫がなくなって、また発注が増えるようなら作る。その繰り返し。
型のメンテナンスとかにコストがかかるから、そうしないと高い物になってしまうということだった。
以前から、よく言われたお問い合わせパーツというものだ。
しかし、パーツリストから調べてバイク屋さんやパーツ屋さんに発注して、「無い」といわれて、その段階でそれがお問い合わせになっているのか。それだけではなっていないと思うんですが。
「製造中止でも発注しといて、半年でも一年でも待つ」と言えばいいのか。実際半年くらいというなら、ものによっては待てる。
ホンダのサイトで、パーツ検索できるようにならんものか。
私は、パーツリストで調べてパーツナンバーでパーツ屋さんに発注しているんですが、色々なパーツ調べてもらう度に、無い無いでは、お店に手間を掛けるのが気の毒だし、こちらとしても気軽に調べらにくい。あったとしても値段の問題もあるからすぐに発注するとは限らないし、気兼ねしてしまう。
実際に購入するのは、お店に頼むというのでいいのだが、あるとはっきりしてから発注したい。
ましてや、お問い合わせパーツとして、製造待ちするにしてもどうすればいいのか。
これもホンダのサイトで申し込んで、行き付けや近くのお店で販売でもいいのではないか、と思うのですがね。
パーツリストにしても、一体いくらか値段がわからんというのが困ったもので、いちいち問い合わせてもらうのは本当にバイク屋さんやパーツ屋さんに悪いと思う。私のように色々と聞いてその上でこれとこれと決める場合、お店に対して気兼ねする。
買うのは、そのお店を通して買えばいいが、調べるのはこちらでという風には行かないかな。




ヤット行って来ました、カフェカブパーティー京都。
今まで、行こう行こうと思いながら、気恥ずかしいやら、諸事情やらでなかなかいけなかった。
タンデムステップがないので、一人での参加でしたが。
来年までには、ステップつけたい。
いや、来年はC100で行くつもりだった。ん~どうしよう。
cafecabefukei1

恥ずかしながら、CT110で参加してきました。
いや本当にお恥ずかしながらです。
SH0100141.jpg


しかし、皆根性あるな、リトルで寝ずにしかも雨の中、遠くから自走で来た女の子、誰と来たんだろう。
一人ならむちゃすごい。
九州から来たおっちゃん。なんでモンキーにターボや、しかも、インジェクション。すごいでおっちゃん。しかも自走。
原型をとどめない、カブ達よ。みんなすごいで
自分の好みは、見た目はノーマル、金は掛けないで手間をかけるが心情だけど、それぞれ色んな楽しみ方があっていい。
しかも、カブ好きのすごいところは、原型をとどめなくても所謂「族」の改造でないところがすごい。別物のようになっても、2個1、3個1になっても、一つの作品としてこのまま製品化出来そうな仕上がりがすごい。(色々意見はあるとは思いますが)
あるはずもないバイクが当然のごとくあるのもすごい。しかも、それが解らないというか、それを感じさせない、もともと製品として存在しているバイクのよう。

途中で帰るつもりが、結局最後までいてしまった。
雨もやんで、暑いくらい。青空も見えてきて、良かった良かった。
今年は250台くらいの参加、256台だったかな。
年々盛況になってくるのはいいけれど、会場大丈夫なのか。はじめから晴れてたら入れなかったりして。

そうそう、今日行って思い出したことがありました。
司会進行されていた女性の方(お名前忘れてしまいましたが)、以前お会いしてます。
私は、市内で商店をしていますが、1~2年前にうちの店に来ましたよね。(うちって何処やね)
そのとき確か、黄色だったかクリーム色だったかのリトルに乗ってきて、ハンターにも乗ってますといっておられたと思います。
私ももちろんカブが好きですので、チョット、カブミーティングの話をしたら、「実は司会進行みたいなことしてます、ぜひ来てくだい。」って言われてました。
今日、参加させていただいて、それを思い出しました。そういえばお顔も確かご本人だと・・。(私の記憶が正しければ)
と、ここでいっていても仕方ないのですが。

それと、道後の原付ナンバーは変わってますね。四角くない。
SH0100171.jpg

解りづらいと思いますが、雲のような形してます。
道後ですのでもしかしたら、温泉の湯煙をイメージしているのでしょうか。
モトメビウスのロゴがありました。


そうそう、明日は第5回カフェカブパーティー京都。
梅小路で開かれます。
以前から、一度行ってみたいと思いながら、なかなか行けなかった。
家からすごい近いのに。カブで10分もあれば余裕で着く距離、しかも、チョクチョク前を通るところ、その上友達が隣接地に住んでたりする。
本当は、ハンターカブに妻を乗せてタンデムで行きたいところではある。
妻は、諸事情により運転免許もってない。
二人で、走り廻れるとうれしいのだが、それは無理なので、せめて後ろに乗せて走りたい。
昔はC70に二人乗りでよく走り回った。
妻は、それをカッコ悪いとは言いもしなかった。
つくづく、私に合っている。
付き合っているときに、仕事終わりで「彼が迎えに来るし」と同僚に言って「どんな人?見て見たい」っで、二人で待っていると私がC70でブーンと現れる。
妻は当然のようにカブの後ろにまたがると「ほなな」と同僚に挨拶して二人で帰っていく。
翌日、同僚に「なあなあ、彼氏カブなん?なんで?」多分、カッコいいとは思わなかったというのは、目に見えている。
「彼か。カッコええやろ。カブで平気で迎えに来る人はそうそうおらへんで。」平気でそんなこといっている。実際にもっとカッコのいいバイクは、いっぱいあるし、四輪で迎えに男もいる、そろそろバブリーな頃でした。
そんななか、カブC70(あんどんカブ)。渋い。しかも平気で恥ずかしげもなく何処へでもいく。
スーツを着て、カブでホテルの正面に横付け。
その前後には、ベンツやBMW、クラウン、タクシーももちろんあるけどね、その中に挟まれてカブ。
目立つよ。いろんな意味で。

最近はそこまではしなくなったけど、カフェカブパーティーはタンデムで行きたいな。
シートはあるけど、ステップをつけんとな。

悲しいかな明日は、京都は午前中は雨の予報。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。