上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.30 シート
今日も画像ありません。m(__)m
どう~も最近カメラ出動がめんどくさい。歳ですか。いやいやまだまだ。
これでも高校時代は写真部所属です。
すごい、鈍ってますが。って腕錆びてるやろ。

C100のシートですが、カフェカブのときも、アウスタのオーダーレスシートをつけてました。
が、堅い、分厚いでいまいちどころか、今3ですので、もともとのベースにウレタンと皮を移植することにしました。
皮自体が少し堅いように感じたので手をつけずにいたのですが、どうにも我慢できなくなりました。
オリジナルのシートは残してあるのですが、皮が使用に耐えない。ウレタンがお決まりで痛んで堅いところが何箇所か。
今回は、皮とウレタンはアウスタ物を使います。先ずは、当然ですが、裏返してツメをおこしてバラス。
オリジナル物は、既にばらしてあるので、オリジナルベースの上にアウスタウレタンを乗せて皮をかぶせるという段取りです。
問題は、ウレタンをどう薄くするかです。
今回、裏側(つまりは、ベース側)を、ワイヤーブラシでゴシゴシといいくらいの厚さまで削ります。
このとき、オリジナルを見ながら、形状を近くしていきます。
事前に厚さを測ったところ、約25ミリ位でしょうか、削っていきます。
どちらかといえば、前より後ろを多く削ります。
裏の次は、表側ですが、これが難点で形が角いのです。角が立っているというかね。
丸みを持たせたいのですが、アウスタものは、ウレタンがマットウなものでなく、クズを固めたのか。と思うようなものを、上側だけシートのスポンジで覆ってます。
上を削ると、シート状のスポンジを削り取ってしまいます。
ですので、適当にとどめておきます。

その上に、ビニールシートと皮をかぶせて爪で止めていきます。
仕上がりはマズマズでしょうか。薄くなってましになりました。
尻にHONDAロゴが欲しいところです。

そのうち、オリジナルのウレタンを修復して入れようと思います。
先日交換した、C100のバツテリー取り付け画像です。

SH010053_convert_20090315135347.jpg

少し、線が短くバッテリーの下側を回ってくるものが横を通さないと届きません、もともと付いていた状態では+-が逆位置でしたがリザーバーパイプの位置関係から行くとこちらの位置のほうが良い様な感じです。
ただ、+-どちらもコードが短くヒューズも下側に挟み込めませんでしたので延長する手もあるのですが、このままで取り回しました。

性能的には今のところ良好のようですが、端子が少し太いのか、ハーネス側が細いのかカチットしっかりハマッタ感じがしません。
振動で外れるかもです。

ウインカーが左は良いのですが右がボーとして点滅してません。
おそらく球が合ってないのでしょう。
どこかで探してきますかね。



SH010054_convert_20090315135410.jpg
手ぶれしてますね。

SH010055_convert_20090315135439.jpg

そうそう、とりあえずシートも交換しました。
ヤブレたり、硬化したりしてましたから、まあ綺麗になったので良いでしょう。
アウスタのオーダーレスシートです。
予想通り、皮硬そうですね。
随所に気になるところはありますが、ヨシとしておきますか。


気になるところは、
1.皮が硬い
2.吸盤が今3くらい
3.全体に厚い、硬い
4.一度ばらして、張り替えように使う手もありますが、外すとやばいかも
5.当然、HONDAロゴはない
2009.03.11 バッテリー
死んでたバッテリー、交換することにしました。
というか、交換しないとなんぼなんでもあかんで。

batteey02_convert_20090311215325.jpg
もともと付いてたのがこれです。本田のウイングマークがいいですね。
でも死んでます。
充電して、繋いでみたところで、何一つランプ類は、ボ~ッとも付きません。

で↓ここで、互換品を購入することにしました。
http://www.webshop.co.jp/index.html

batteey11_convert_20090311215447.jpg
batteey1_convert_20090311215423.jpg

本日到着したのがこれですが、6N2-2Aの前にMが付いているのが代替品たる証拠。
3ヶ月保証が一丁前についてます。
3時間程念のために事前に充電して、搭載してみました。

搭載画像は後日アップしますが、結果、ランプ類元気な色になりました。
どれだけ持つのか疑問ですが、安かったのでいいでしょう。

本体¥1250+送料¥800=¥2050ですから。


2009.02.15 エンジン始動
久しぶりにカブの話です。
本当にひさしぶりにでてきたC100です、本来この話を書いていきたいのですが・・・。

昨日今日と少し暖かかったので、ムズムズとしてきました。
C100のエンジン腰上部分のバラシと清掃、組み立てを一気にやりました。
画像が欲しいところですが、手がオイルだらけになるのでなかなか撮ってられません。
単独でボツボツと清掃して組んでおいたキャブやマフラー等を組みつけていきます。
全体の清掃は、以前にそこそこやっておいたので、今日は基本的に磨きはしません、
後日、アチコチまたジックリと磨いていきたいですね。

SH010049.jpg
で、こんな感じです。
シートが未だにボロのままです。これは手に入れないとダメですね。

このあと、いよいよ20数年ぶりに息を吹き返す瞬間ですが、実際に鼓動が戻るまではどんなものか不安です。
ガレージから外にだして、キック、キック、アンド、キック。
ポッ、ポッ、ポッ、ポッ、ポ--------。ボロロロロロ、---
掛かりました、キック4~5回で火が入り久しぶりに聞く音です。
いい音ですね。サウンドというより音。

キャブの調整をして安定してきました。
しばし、道に立ちすくみ音に聞き入ってしまいました。
SH010051.jpg
SH010050.jpg
格納場所の関係で、ミラーの向きが微妙です。
ボロシートでもこのまま走ってみたくなります。
いやいや、まだ自賠責に入ってません。

おそらく、コックのあたりからは、ガソリンが滲んでいるはずです。
パッキンに不安があるままです。
タペットクリアランスももう一度要調整だと思います。
バッテリーが死んでます。
アチコチ難点は残りますが、とりあえずは「よし」です。
difyuzar.jpg

腐食でウスーくなっていた所謂マフラーの芯。
ディフューザーパイプとか、バッファーとか、サイレンサーとか、芯とか色々言うしろもので。
本当は微妙に定義は違うのでしょうが、家では昔から「マフラーの芯」(^^♪ということになってます。

オークションで落札できたので、交換しました。
しかし、すんなり入らないんですね、「なんでかな?」 マフラー本体かパイプかが微妙に曲がってるんでしょうね、奥で当たって今一歩が入りきりません。
あまり力を入れると「グネ」とか「ボキッ」とかなってもイヤなので慎重目にと思ってましたが、「え~い」と悪い虫が出てきて。押して回してで入りました。
が、しかーし、「「あれ?」
なんか音がする、と外してみると、先の丸い詰めの部分が外れてました、「あ~ぁ」。仕方ないのでコツコツ廻りを叩いて内側からドライバーで押し込んでどうにかこうにかほぼ元のように収まり、今一度取り付けて、今度はOK。

コツコツ掃除やら部品交換やらしてますが、そろそろエンジンかけたくなってきました。

後、大物はシートを入手しないと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。